FX取引が安心できる訳


FXでの負けについての考え方



hi テレビのCMなどでもすっかりとおなじみのFX、実は通貨を銘柄に使った投資取引なのですが、スマートフォンなどで簡単に行えることや、24時間いつでも取引が出来ること、少ない資金で投資が行えることなどから、特にこれまで投資取引をやったことがない初心者の投資家を中心に人気を集めています。

一見簡単そうに見えるこのFXですが、実は中身は株取引や先物取引と同じように、相場のレート変動を利用した本格的な投資取引なのです。

FXにはレバレッジというものがあり、これは、FXを始める時に、FXを扱っている取引業者に専用口座を作ってそこに証拠金を納めるのですが、その証拠金を元に投資資金を借りることができるものになっています。
このレバレッジが、少ない資金でも投資が行える仕組みになっていて、例えば日本国内の取引業者であれば最大25倍のレバレッジが使えますので、1ドル100円の為替相場で1万ドルを100万円で買いたい場合は、その25分の1であるたった4万円で同じ取引が行えてしまうのです。
これにより、もし為替相場が1ドル101円になった場合は、レバレッジなしの時は100万円で1万円の利益ですが、レバレッジを使った場合は4万円で1万円の利益となり、高い利益率が見込めます。

このように、FXではレバレッジを使って通貨を保持し、その為替レートの変動によってその通貨の価値が上がって利益が出たら、通貨を決済注文で売り利益を確定していく形を繰り返して取引を行っていきます。

もちろん、毎回勝てるわけではなく、為替レートが予測とは違う方向に動いて通貨の価値が下がり、損失を含んでしまうケースもあります。

人間の心理からすれば、「為替レートは上がったり下がったりするものだから、損失を含んだ通貨は決済せずにいればいつかは利益が出るだろう。だからこのまま持ち続けよう」と考えるのが当たり前なのですが、FXやその他の投資でも経験を積んだ投資家は全く逆の考え方をします。

これは、投資での資産運用の根本的な考え方によるのですが、投資での勝ち負けは、長い期間の利益率を高め、手持ちの資産を増やしていくこと、で決まります。
ですので、こうした損失を含んだ通貨が出た場合は、「為替レートが変動して損失が出ている。この通貨はひょっとしたらより大きな損失を含むかもしれない。まだ損失が小さい今のうちに決済をして注文を解消しよう」と考えるのです。

こうすることで、一回の損失を小さくすることで資産全体の減りを小さくし、資金を長く使って投資回数を増やしていくことで、大きな利益を掴んで資産を増やしていく。
投資取引では、負けもしっかりとした投資の一つと考えます。こうした、攻撃と防御の投資方法を考えに取り入れていくことが必要なのです。



FXの投資




FXの投資は現在社会人からとても人気がありますが、その理由はいくつかあります。まずFXの投資は外国為替の取引をするので、相場が開いている日であれば24時間取引をすることができます。そのため社会人でも仕事が終わって帰宅した後に取引をすることが可能だからです。

それから最近社会人の中で副業をして、より自分の収入を増やそうとしている人が多いですが、FXはインターネットを利用できる環境であればどこでも取引をすることができるので、社会人の副業として最適だからです。



hurereere