FX取引が安心できる訳


デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード



hiurerer099 FXの取引スタイルには、数分単位で手じまうスキャルピングのほか半日~1日単位で売買を行うデイトレーディング、数日で売買を終えるスイングトレード、数週間から数ヶ月に渡ってポジションを持ち続けるポジショントレード(金利差に着目する場合は、スワップトレード)があります。

取引までの期間が短いデイトレードは、スキャルピングと同じ基準でFX取引業者を選ぶことで問題ありません。スイングトレードは、以下で述べるポジショントレード(スワップトレード)とスキャルピングの両方に適したFX取引業者、例えばXEMarketsを選ぶのが望ましいといえます。

ポジショントレード(スワップトレード)では、スキャルピングで注意するべきFX取引業者のコンピュータシステムの安定性やスリッページを少なくして約定できるかどうかはあまり気にする必要はありません。スワップ金利差を利用したFX取引は、レバレッジが低ければ外貨預金のように利用することもできます。

ただし、二国間の金利差は経済力を反映して変化するため、ずっと同じ状態で続くとは限りません。為替レートの動きが金利差を上回るとスワップトレードのメリットがなくなることを理解しておかなければなりません。ポジショントレード(またはスワップトレード)を行う場合は、取引期間の為替レートの変動を分析するために「ファンダメンタル分析」を理解する必要があります。逆に短期の為替レートの変動には「テクニカル分析」の理解がより必要となります。

テクニカル分析とファンダメンタル分析

ローソク足その他のチャートや過去の相場値動き、売り方や買い方の動向から算出される数値を分析することで、為替レートや株価などの相場における将来の動きを予測することが可能だとする考え方があります。この分析手法はテクニカル分析と呼ばれます。

つまり、テクニカル分析は過去の相場の変動をMeta Trader4チャートなど分析して、将来の為替レートの動きを予測しようとする分析手法ということができます。

為替レートの動きを予測するもう一つの手法として、ファンダメンタル分析があります。ファンダメンタルとは、経済活動の状態を表す基礎的・代表的な指標あるいは実態のことです。

例えば、各国政府や中央銀行が発表するGDPや完全失業率、消費者物価指数、鉱工業生産指数、在庫指数、景気動向指数、経済成長率、貿易収支、物価指数やそれらの予想などがあります。その国の公定歩合など、通貨・金利政策も為替レートに影響を与えます。

またミクロ的な指標として大企業が発表する決算内容なども影響を与える可能性があります。これらを分析してその国の経済動向、特に長期的な為替レートの動向を予測しようとするのがファンダメンタル分析です。

一般的には、その国の政治が安定し、経済成長率が高くなると予測される指標が良い実績や予想値として発表されることで、その国の通貨は将来的に高くなっていくと予測されることになります。ただし、為替レートは先にこうした経済予測を織り込んで変動するので、一般の人がその事実を知る頃にはすでに遅く、為替レートが動いた後ということが多く起こりります。テクニカル分析はファンダメンタル分析より、短期の予測に有効な分析法です。



FXの投資




FXの投資は現在社会人からとても人気がありますが、その理由はいくつかあります。まずFXの投資は外国為替の取引をするので、相場が開いている日であれば24時間取引をすることができます。そのため社会人でも仕事が終わって帰宅した後に取引をすることが可能だからです。

それから最近社会人の中で副業をして、より自分の収入を増やそうとしている人が多いですが、FXはインターネットを利用できる環境であればどこでも取引をすることができるので、社会人の副業として最適だからです。



hurereere